pタグ

文章のありかを検索エンジンに伝えるには、ひとかたまりの文章は段落にする
<p> は段落を表す論理タグ p要素 ( < p> タグ)は段落を表す論理タグです。ある程度まとまった文章をページに記載する場合、pタグを使うことで検索エンジンはそこに文章があることを理解できます。
特にニュースやコラム、商品やサービスの紹介、会社概要など、ある程度の文字数を使う文章や段落分けが必然的におこなわれる ような場合はpタグを使います。一般に段落と段落の間を単に改行 ( <br >)で済ませてしまうウェブ制作者の方が少なくないのですが、対ロボットを念頭においてきちんと論理構造を明示しましょう 。
文章の位置を調整したいのであれば、それはブラウザの視覚表現の問題ですからcss を使います。
なお 、 このタグを利用した場合英文ライテイングのルールにそって、先頭文にできるだけ結論 (=その段落で重要なキーワード を含む) を書くように文章を工夫します。

SEO対策で大事な内部対策は、タイトル、メタディスクリプション、hタグ、pタグの最適化が必要です。細かく見ていきましょう。