スタイルシート

スタイルシートで文字の大きさを指定する フォントサイズが大きい、見栄えが悪いという理由で<h> タグ を利用しないウェブデザイナーがいますが、それはスタイルシー ト (CSS )によ って解決できます。例えば、
h1 {font-size :18px;}
と指定しておけば、h1タグ内のフォント サイズを調整できる ので、論理構造 (対クローラ 一) と視覚表現 (対人)両者に対して最適化できます。
なおhタグ内のフォントサイズをCSS で制御することは検索エンジンスパムではないか? と勘違いされている方がいますが、問題はありません。文書の論理構造を論理タグを通じて制御し、ブラウザでの視覚表現をCSS でおこなうことはウェブ制作の世界において一般的におこなわれていることですし、 W3Cの定義する HTMLでもそれを前提としています。こうした一般的な慣習を検索エンジンが否定することはありません。また、そもそ もhlタグを使った時に画面上に表示される大きさは閲覧者が利用する液晶画面や指定したフォントサイズに依存するものであり、 hタグの「決ま った」大きさなどはありません。こうした理由から、 スタイルシー トで文字の大きさをコントロールすること自体は全く問題ありませんので安心してください。
ただし、 CSSによって人が視認できないほと小さな文字にしてしまうのは、スパムと 判定されるので注意してください。
-キーワードの位置について

ページのどこにキー ワード を配置すべきか。これは正しくはフラウザで表示するどこ にキ ーワー ド配置されるか 、ではなく て HTMLソースコードのどこにキーワードがあると いいのかという話です。一般的に、ソース コードのできるだけ先頭行にそのページで関連するキーワードが出現することか望ましいと いえ ます 。これはペ ージのトピ ック(主題) に関連 する言葉は文章の最初の方に出現するはずだという仮定に基づいたものです。
ソースコードを 書く時に、前半付近でそのページの卜ピックにかかわる一連のテキス卜文字が現れるようにコーデイングを配慮すると良いでしょう 。例えば、ページ上の コンテンツはソースコード前半、ナビゲーションは後半、といった工夫です。
なお、ソ ースコードの前半にページの主題にかかわるテキス卜文字か現れればいいのであ っ て、先頭である必要はありません。時折、ページ最上部に無理やり テキス卜を入れている サイ トがありますが、強引にそこまでする必要はありません。

SEO対策で大事な内部対策は、タイトル、メタディスクリプション、hタグ、pタグの最適化が必要です。細かく見ていきましょう。