hタグ

検索エンジンは<h> タグを 重要視します。見出し階層を適切に反映させて使うことが大事です。<h1>タグは 1 ぺージにつき原則1回のみ使用する
論理構造を定義するタグ <h1>、<h2> < h3> 、<h4 >、< h5 >、<h6> の各タグは、文章の論理構成を示すタグで、見出し要素を論理的に定義するものです。 この見出しは<hx> のxに入る数字によって6段階の階層に分類され、 数字の小さ いものが上位階層に位置する見出しとなります。

これらタグでマークアップされる文字は、文章の見出しを表す ものであり、当然重要な文字列(キーワード)が含まれているは ずだという考えから、検索エンジンもタイトル要素の言葉を評価 します。特に<h1>タグはページ全体の表題を表すものですから、 TITLEタグと 同じキーワードを入れることで、さらにキ ーワードとウェブページの関連性を高めることができます。
-文書レベルを無視した使い方をしない h タグは文書の論理構成を示すためのタグです。見出しレベ ルに応じて適切に利用される必要があります。例えば、次の例の ようにh1タグが検索エンジンに高い評価点を与えられるからと いって繰り返し記述しようとする人がいますが、これは論理構造上ありえません。 また、こうした記述方法は、検索エンジンから の評価を不当に操作しようとする行為として、スパムと判断される場合もあります。
論理構成にしたがった使い方をしないと検索エンジンから評価されないというわけではありませんが、ウェブサイトが 長きにわ たり管理 ・運営されるという前提であれば適切なマークアップを 施しておく ことでメンテナンスがしやすくなります。

また、 SEO対策の観点から「私のサイトで、はh1を使っても効果が なかったから、使うのをやめよう」と 、 タグの使用による直前直後の効果だけで判断しようとする人も少なくありませんが、 SEO対策の最適化作業というのは1 つ1つの行為を効果があった、なかった で判断するものではなく、検索エンジンが理解しやすいための工夫、ベストプラクテイスを積み重ねていく作業です。効果がある 、 ないという判断ももちろん大事ですが、検索エンジンにとって好ましいか、好ましくないのかという前提を忘れないでください。

格安SEO対策は東京SEOメーカーがおすすめです。

SEO対策で大事な内部対策は、タイトル、メタディスクリプション、hタグ、pタグの最適化が必要です。細かく見ていきましょう。